空模様に変化でも季節はちゃんと通過でさくらなど

日本季節のバランスがよい風土、最近は気象状況が変化していますが、それでもさくらの様な季節感はちゃんと温存しています。

住まいなどが近代化した時代なので、空模様という気象が変化しても自然なものだと思います。

家にいても勤務先にいても冬暖房とかヒーターは暖かく、夏の高温でも涼しく温度をキープしていますね。

こういった生活スタイルが気象変化の要因のようですが、春夏から秋と冬の季節は気温と空模様を温存していますね。

冬なのにぽかぽかの気温で春を感じる日もありましたが、数日通過すれば標準の冬温度、

気候に関する風潮のエコ・ライフが気象変化の改善策でしょうね。

エコといってもちょっとずつでは改善は数十年後、この時代は改善を進めるというプロセスだと考えています。

省エネと言っても昔みたいなエコ生活はすごしにくいし、春のさくらはちゃんと咲いて葉桜の時期からは新緑も正常値、

昔からみれば贅沢という家電も考慮しながら使うのが一般レベルです。

言葉の要点で表現するならば春とか夏、秋と冬もまずというペースで通過するのだから、

温暖化は風潮とか社会的なこととして認識すればいいなと思います。

日ごろ仕事とか日常に忙しいとエコは圏外項目、それより仕事とか都合を考えるのが普通感覚ですね。

空模様に変化でも季節はちゃんと通過でさくらなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です